変動金利型の借り換えは-住トモ情報-

変動金利型の住宅ローン借り換えの利点や欠点をまとめて紹介 - 変動金利の利点と欠点

新着情報

◆2014/03/15
変動金利の利点と欠点の情報を更新しました。
◆2013/12/06
預金連動型住宅ローンの利点を新規投稿しました。
◆2013/12/06
預金連動型住宅ローンの欠点を新規投稿しました。
◆2013/12/06
ポイントをみて決めるを新規投稿しました。
◆2013/12/06
書類の入手方法を新規投稿しました。

変動金利の利点と欠点

a0002_002130今回は変動金利型の住宅ローンのメリットをお話しします。
固定金利型の住宅ローンと比べてみると、利息として発生する金額が少なくなる可能性があるという点でしょう。
状況に応じて金利が変動をしていきますので、低金利になったのであれば、それだけ返済額も減ることになり、負担も軽減されることになります。

固定金利型の住宅ローンの中には、金利が高くなってしまっているものもありますし、経済状況がどうなろうと、金利が変動をすることはありません。
不景気なのに金利が低くならずに、返済していくことが難しくなるというデメリットを解消させることができるようになっているのです。

不景気になると、変動金利型の住宅ローンだと低金利になります。
低金利になると言う事は利率も下がるということになるわけですから、利息として発生する金額も減っていきます。
では金利が高くなると、返済時の負担が重くなるのではないかと思う人もいるでしょうが、
金利の見直しをするときには、最大で1.25%までしか上げることはできないと定められています。
ですから、住宅ローン借り換え金額がそれ以上の返済額になるということはないわけです。
返済額をチェック(住宅ローン借り換えhttp://jyutakuloankarikae.net/)

変動金利型の住宅ローンというのは金利が上昇しても、メリットは残るものなのです。
ただし、低金利の時に住宅ローンを組んだ場合、しょるあい的に金利が上昇していく可能性のほうが高いです。
その場合、どうしても返済額も増えることになるので、慎重に住宅ローンの検討をしていく必要があります。

住宅ローンの変動金利型

a0002_004054
住宅ローンの種類の一つとして、変動金利型といわれるものがあります。
この変動金利型の住宅ローンにはどのようなデメリットが存在をしているのかをお話ししたいと思います。
まず、第一のデメリットとして、返済シミュレーションをはっきりと建てることができないという点が挙げられます。
金利変動型の住宅ローンというのは、日本の経済状況などに応じて金利も変動をしてしまうことになります。
今後金利が下がっていくのであれば、返済額もそれだけ減ることになるのですが、反対に金利が上がってくのであれば、それだけ負担も重くなってしまうのです。

今の時点では不景気で住宅ローンの金利がとても低くなっているとしても、景気が好転をしたことで金利が高くなってしまう可能性は決して否定するおkとはできません。
今現在の金利であれば何とか支払うことができたとしても、金利が上昇をしてしまったことで返済が困難になってしまう可能性は十分にあるのです。

仮に住宅ローンで2000万円のお金を融資してもらったとします。
この時の利率が仮に2%だった場合、利息として発生するのは1年に40万円と言う事になります。
これが経済状況が良くなり、利率が6%になると、1年に120万円もの利息が発生するということになるのです。
そうなると、返済をしていっても元本が減らず、返済地獄になってしまうと言う事もあるのです。